オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

【紋別港釣り情報】 11・26(土)  紋別港チカ釣り依然好調・・・ニシン・コマイは、



スポンサードリンク




 

 こんにちは、モンユウです。

 

 

今日の朝は、-5℃位・・・最近寒いのでこの位の気温では寒く感じなくなってしまいました。…恐ろしい・・・!!

 

 

雪が夜半に降って、周りは真っ白になってしまいました。

今年は、異常な事ばかりのようです。

 

今日は朝の仕事が終わってからの偵察になりました。

 

 

 

紋別港チカ釣り・・・相変わらず釣り人もいます。チカもいます!!

 

 

 

紋別港第2埠頭・・・チカが釣れているのでチカ釣り人で第2埠頭が車で一杯になっています。

 

 

釣り新聞の記事においても、間違いないのはチカ釣り・・・どこに行っても釣れているようですね。

 

このように一種類の魚(チカ)が異常に繁殖と言っていいのか分かりませんが、どれほどいるのか・・・これが何を意味するかと言えば・・・プランクトンを食する訳ですから他の魚の餌の割り当てが減ってしまう・・・すると増えるべき魚の餌が無いために増えなくなってしまう。・・・(ウグイもこの仲間かも知れません!!)

 

当然食物連鎖の関係が狂ってしまう訳ですから、いるべき魚がいない!・・・これが最近のオホーツクの狂ってしまった魚の状態に繋がっているのではないでしょうか?

 

 

さて今日の紋別港の第2埠頭の状態は・・・

 

 

 

 

 

f:id:turikichijob:20161126124148j:plain

f:id:turikichijob:20161126124212j:plain

f:id:turikichijob:20161126124237j:plain

 

 

 

 

紋別港ニシン釣り

 

 

紋別港ニシン釣りベストポイント・・・朝早くには釣り人が5~6人いたと言う事でしたが私が偵察に行った時には、釣り人は釣り仲のT氏一人のみ・・・

 

一応挨拶がてら見に行ってきましたが、ニシンが一本・・・チカが少し。

 

どうも続きませんね!

 

最近、紋別ばかりでは無いと思いますが、外海の時化状態がいつまでも続いています。

この事が、ニシンが港内に入ってこない直接的原因かどうかは分かりませんが、時化状態が濁りを引き起こしている事は間違いないのですから一要因であると言う事は言えると思います。

 

・・・この濁りがチカにはいい環境なんでしょうね!

 

・・・この濁りはカンカイにも適していると思うのですが、如何せん港内では釣れていません(良くても夜釣りで5匹位)・・・本当ならば、ガリンコタワーの通路の高いところから釣るのがベストなんですが時化すぎのようです。釣り仲が挑戦しているようですが、なかなか釣れ無いので、半分諦めてチカ釣りをしていました。

 

f:id:turikichijob:20161126124328j:plain

f:id:turikichijob:20161126124358j:plain

 

 

 

紋別港鮭定置網があげられています。最終段階のようです。

 

f:id:turikichijob:20161126124429j:plain

 

 

 

底建て網漁でカレイ類が好調のようです。紋別産真ガレイ(ブランドカレイ)の良型が獲れているようです。オホーツク海の真ガレイ類は春先全く不調でしたが今になって良くなり・・・これはどうしてなのか首をかしげてしまいますね!!

 

 

はっきり言いますと、紋別でのカレイ今年は真ガレイは、一枚も釣っていません。(釣れませんでした。)・・・来年は釣れたらいいですね!