読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

【紋別港釣り情報】 11・2(水) 紋別港チカ釣り、ニシンはまだか?【鮭釣り・・・まだ終わらない!!】

チカ 偵察 紋別港 道具紹介


【スポンサードリンク】




 

  おはようございます、モンユウです。

 

 

 

 

今日の偵察は少し遅れて朝8時少し前,紋別港外海に行ってきましたが、釣り人なし・・・海の状態はイイのですが・・・

寒いです、今日の予報は最高4℃、最低ー1℃。

 

防波堤の上は、地上とは違って気温にすると2~3℃は低いと思います。

 

海からの冷たい風が気温を下げます。

 

 

 

紋別港外海

 

 

 

f:id:turikichijob:20161102113117j:plain

f:id:turikichijob:20161102113154j:plain

 

 

 

 

紋別港第3埠頭にも釣り人がいません!!

 

ここではチカなど釣れると思うのですが、チカ釣り人皆さん第2埠頭に集まっているのでしょうか?ここでの状況は把握できませんでした。

 

 

f:id:turikichijob:20161102113043j:plain

 

 

まだ鮭釣りを終えるには早いと思うのですが・・・。

 

鮭の釣り人がいないともう終わりかな!今年も終わりかな!と淋しくなってきますがまだ11月になったばかりです、もう少し様子を見てみます。

 

 

今日の紋別チカ釣り

 

 

朝8時近く、紋別第2埠頭チカ釣り偵察。

 

この時は、確かに釣れていませんでした、しかし昨日はそこそこ釣れたらしいです。

 

そこに沙留の防波堤で知り合いになった釣り人さんと少しお話をして様子を聞いてみたところ、夜釣りのカンカイ・・・これも不釣であったと言う事でした。

 

 

チカ釣りの場合、チカの群れ次第なので 何時釣れ出すかは全く分かりません。

且つ、こませをしっかり打っている釣り人が釣れてくるのは間違いないものと思います。

この第2埠頭でも釣れる場所が決まってきます、しっかりとコマセを打っている所にチカが集まってきているためでしょう。

 

この埠頭の端で見ていると良く分かります・・・。

 

みんなが釣れている時は問題ありませんが、みんなが釣れていない時などは、竿がたった(持ち上げた)時・・・、離れていても良く分かります、・・・そこが釣れている場所です。

 

その場所にすぐに移動できればいいのですが、そう簡単に移動はできません・・・、

その竿をあげた状態がどう移動してくるのか、それによってコマセの打ち方が変わってくるはずです。

f:id:turikichijob:20161102115335j:plain

 

上の写真では・・・

この状態では、まだこませを打ちません、

 

例えば写真で、巡視船そらち側で竿の動きがあり

写真の青い防寒着の釣り人や赤の防寒着の釣り人の辺りで竿の動きがあったらその時点でコマセを打ちます。

 

コマセの種類も関係しますが、 アミエビならば沈下速度を勘案して20M~30M手前で釣れてきているならば先ず広範囲にコマセを打って、徐々に打つ範囲を小さくしていきます。

当然近づいてきたならばピンポイントで打ちます。・・・

 

釣りながらコマセを打つ・・・これが最善のポイントです。

 

 

 

 

 

 

明日は久しぶりの休みで、腰の状態も良くなってきたので鮭釣りしてみようかと思っています。

 

釣れても釣れなくとも・・・!!

 

 

 

 

 

サケ用ウキ(ふかせつり)

 

 

 

鮭釣り仲さんが、手製のウキを作ってきてくれたので、試験釣りしてみます。

 

重さ12~13号とのことでした。

3.75*12(13)・・・(g)

遠投用と言ってました、来年用に試し釣りです。