オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

【鮭釣り2016】今日の紋別はまだ波高し!【ブリ釣り】



スポンサードリンク




こんばんは、モンユウです。

 

 

遅れに遅れましたが、ただ今アップします。

 

今日の紋別、先日の台風の余波でまだ波(うねり)があり、濁りもあります。

 

天気予報では、今日の朝には波も1M~1M50㎝と言っていたので・・・。

 

急遽『ブリ釣り』に変更。 

昨日、紋別の遊漁船『和ちゃん丸』からブリ釣り行きましょうのお誘いがあり、

 

朝5時からブリ釣りとなりました。

 

本来ならば鮭釣りに専念している所ではありますが、生憎の濁り・・・

 

沖合は濁らないので、と言っても渚滑川の濁りがきついため、その濁りのさらに沖、

 

水深60m近くまで行ってのブリ釣り。

 

朝はまだうねりがきつく、なかなかポイントが見つからず、あちこちブリ探し!!

 

今日はそれにしても『フグ』が多い!!

 

何匹釣っただろうか?私は食べないのですべてリリース。

 

しかし、フグのいる所にブリもいる訳ですから、フグが先に喰いついてしまうとブリは釣れない事になります、なぜかと言いますと水深60mで喰いついたフグを船の上までとりあえずあげなくてはいけません。

 

その時間 フグ1匹に対して少なくとも5分はかかる訳ですから全く無駄な時間を費やすことになります。

 

フグ連ちゃん・・・気が重くなりますよ!

 

そんな時に限って隣の釣り人が、ブリヒットなんてことは良くあります。

 

同行の釣り仲、東条さん今日も順調です。

 

と言いましても、今日は台風明けと言う事もあり、水温が15度~17度と少しさがってきているので、ブリ自体の絶対数が少ないです。

 

そんな中、東条さん本日竿頭で5本・・・この激渋の中立派なもんです。

 

 

f:id:turikichijob:20160913170611j:plain

f:id:turikichijob:20160913170647j:plain

 

私はと言いますと、自分の写真はありませんが、ブリ1本、ワラサ3本

 

ブリは中々でかいでしたよ!

 

このブリ、

 

1回目のあたりで・・・バラシ

 

2回目のあたりでもバラシ

 

3回目・・・もう諦めていた所にいきなりの〆込み、それが大きいブリだったのでドラグもジージー・・・十分楽しませてもらいました。

 

一言  ブリから学ぶマス、鮭釣り

 

ブリならず、鮭やマス類も同じですが、一度のあたりだけであきらめないようにする事が大切であるとつくづく思い知らされました。

 

皆さんも経験はあると思いますが,バレタ~~!!なんて思って(フカセ釣りでの事)

リールを巻かずにそのままにしておくとウキがスーッと水面下に沈む事が良くあります。

 

一度、餌などをロックオンした時はよほどの事が無い限り、再度喰いついてきます。

 

この時の方が、ばれが少ないです。

鮭類の餌を喰う時の口のあけ具合を見た事がありますか、最初はおちょぼ口ですが

一度ばらして後から喰いついて来る時はこれ以上口が大きくならないほどの口で食らいついてきます。

(餌を、食うためか、威嚇のためかは定かでありませんが?)