オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

【鮭・カラフトマス2016】 9.2(金) 友の朗報に『心の乱れを感じてる!』【道具紹介】ウキ止め編



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

 

今日も朝から偵察に行ってきましたが、カラフトマス・鮭の生命反応は感じられませんでした。

 

外海の濁り、残るうねり!

 

車から降りて遠目で見てすぐに車に戻りました。

 

 

霧の紋別港

今日はどうせ釣りにはならないだろうと言う事で、ゆっくりと港の中の探索に行ってきました。

 

朝から霧雨、それに意外と『寒い!』昨日の気温とは打って変わって、体調管理大変です。

 

紋別の山も見えません、魚も見えません!!

 

f:id:turikichijob:20160902112753j:plain

 

 

今日は、外海は時化ているのでしょうか?

 

沖合底引き船も出航していません、ホタテの船も出航してすぐに帰港してました・・・。

f:id:turikichijob:20160902112819j:plain

f:id:turikichijob:20160902112858j:plain

 

結局、ぐるっと回って収穫らしきものありません!

 

 

f:id:turikichijob:20160902112932j:plain

 

 

 

遠征している友からの電話3件

紋別は全く駄目であるのに・・・今日もだめじゃ!!

 

なんて思っている矢先に、今日遠征している友から釣果連絡、・・・3人から・・・

 

電話の呼び出し音が鳴るたびに、釣れているんだろうな~~~!!

 

なん本釣れたよとか、写真まで送られてしまって、何とやるせない・・・。

 

みんなが釣れてよかったと思う反面、私もという欲望・・・。

 

『次の遠征頑張ろうぞ!!』・・・これしかない!

 

愚痴っぽくなりましたが、それ程ではありませんよ、なぜなら毎年こんな具合ですから。

 

 

ウキ止め活用、ちょっとの工夫 

てなことで、釣りにならない紋別で釣り情報も無いので、先般紹介したウキ止めの活用法を少しバージョンアップして紹介します。

 

ウキ止めのセットの仕方を紹介していなかったので説明します。

 

 

下のウキ止めの左部分がハリ先につながります。

 

ウキ止めの左側にはゴムチューブの1センチ位のが2個セットしてありますが、ただなんとなく2個と言う訳ではなく、しっかりと理由があります。

 

それは、ウキを投げる際、相応のGがかかる訳ですから当然ゴムチューブが裂けてきます、そこでもう一つはあくまでの予備としてセットしています。

チューブが2こともダメになるときは仕掛け自体ダメになるときなのですべての交換をお勧めします。

 

もうひとつ、ゴムチューブのさらに左に止めゴムがあり右よりも数が多いのにおきずきと思います、なぜなら遠投してもウキ止めが移動しない様に固定度を高めるために数を多くしてあります。

 

f:id:turikichijob:20160902113002j:plain

 

 

しているようで、していない工夫 

ウキの上の部分に赤い物が見えると思いますが、これはただの目印ではありません、

これは、タナを移動させた際に元の位置はとなるとメジャーなどで測り直す人もいますが私はその位置にこの赤い目印をセットしてあるので即セットし直しができる訳です。

 

 

『なんだ!!』と思うかもしれませんが、急ぐ場合一発で決まるのでイイですよ。

 

 

どんな時の例!!

 

例えば、魚を見えないタナで釣っていて、急に魚が浮いてきてその魚を釣るにはどうしてもタナを浅くしなければならない時、また逆の場合『急を要す!!』とはそんな時です。ゆっくりのタナ調節では群れが通過スルーしてしまいます。その群れで釣りたいとなるといかに素早くタナを変えるか・・・。

ご参考になれば・・・。

 

 

f:id:turikichijob:20160902113023j:plain

f:id:turikichijob:20160902113054j:plain