オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

大河と見紛うばかりの藻鼈川。河口がだいぶ広くなりました



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

ブリ釣りの予定は全くなかった所にブリ釣りと言う遊びを入れてしまったので、だいぶ疲労が溜まっています。

 

今日の朝は目覚ましでびっくりして目を覚ましました。それでも朝4時半紋別第3防波堤に行ってきましたよ。

 

濁りはほとんど取れて、魚がいたら申し分ない状態になりました。

 

 

 

紋別第3防波堤カラフトマス

朝4時半。

今日は地方の釣り人並びに地元の釣り人が総数30人位でしょうか?

 

それもそのはず。昨日私は日中の様子は分かりませんでしたが、今日聞いた話によると

群れがいたようです。

 

私は仕事の後始末やらなんやらで全く海に行ける状態ではありませんでしたので、正確な情報提供できない事、申し訳ありませんでした。

 

さて今日の第3防波堤はと言いますと、すぐ近くでバラシがあったのを確認しましたが、その一本だけだったようです。

 

釣れてはいませんでしたが、もじりや跳ねがあったと言う事、これは事実です。

 

私も竿を短時間ですが出していましたが、その間にも数回見ました。

 

 

 

藻鼈川

この写真の川は藻鼈川です。

f:id:turikichijob:20160825094618j:plain

 

どこの大河と見間違えするかもしれません!? 川幅30~50メートルです。考えられますか?

釣り人の大きさと比較しても、河口がどれほど広くなったかが分かると思います。

 

 

川は濁りでまっ茶色ですが…。

 

なんと昨日、この河口の右岸でカラフトマスが大爆釣したようです。

一人で10本以上釣った釣り人もいたとか!

 

何故ここが? と思うかも知れませんが、川水は下(湧別側)に流れ出ていきます。

そのため、河口の右岸側は流れの内側に入るため、比較的濁りずらくなります。

きれいな海水を求めてカラフトマスが寄ってきて群れが溜まる状態になったのだと思います。

 

ちなみに河口の左岸側は、川水が流れ出ているので茶色く、釣りには適していません。

 

写真の通り河口右岸に釣り人がいるだけです。

 

こんな濁りの中、カラフトマスは勇敢に遡上しています。

カラフトマスの姿を肉眼で確認することは容易ではありませんが、時々跳ねたりもじったりして波紋が出来るので分かります。

 

網では大漁だったようで、当然川にも相当の数で遡上したものと思います。

川水がもう少し減ってくれたらとは思いますが、また明日から雨が降るようですね。