読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

【カラフトマス2016】8.14(日)休釣解禁!釣るぞ~~!!

ウキふかせ釣り カラフトマス 第3防波堤


【スポンサードリンク】




おはようございます、モンユウです。

 

 

今日休釣期間も終わり、釣り参戦初日、もう朝早くから目が覚めて落ち着きません。

 

いつまでたってもこの新鮮な気持ちは持ち続けたいと思っていますが、自分でもなんと子供みたいなんだろうと思う時があります。

 

でもなんと言われようと、このスタイルは人生の MY WAY!!

 

 

朝4時半少し前

紋別第3防波堤にあがったら、釣り人の多い事。

 

空いている所を探して少し開いているところで、ここに入っていいですか?と聞いてみたら『ダメ!!』の返答。

 

仕方ありませんね!みんなが釣りたいのだから、マー私は地元の釣り人として毎日できる訳ですから、そのへんは譲って場所探し、浅い方に行くと階段一つ目付近あたりで釣り仲のN君がいて場所の提供を受け釣る事が出来ました。

 

 

2投目で ヒット・・・・・しかし・・・バラシ。

釣り休み期間明けの一発目からのバラシ、多少いやな感じはしましたが・・・

1本目ヒット・・無事ゲット。

 

2本目ヒット・・無事ゲット。

 

3本目が納得のいく釣りができたことに今日の満足度マックス!!

それは、沖合でカラフトマスのもじるのが確認でき、進行方向もばっちり確認できていたので、遠投カラフトマスの進路に投入。群れを散らさないように待つ事30秒・・・!!

 

『ウキが、沈みます!!』合わせ一発『ヒット!!』

 

沖で喰わせる時は、進路でカラフトマスを脅かさないようにすることが一番大事なことです。

 

そのためにも、早めに遠投しておいてスムーズに進路に餌を置く、合わせも当然遠くのウキですから、近くで釣るのとはわけが違います。

 

この合わせは、経験的な事でどのウキの状態で合わせるかがとても大事です。

なぜかと言いますと、最重要の事が潜んでいる訳です。

 

それは、糸ふけです。・・・

ただなんとなく合わせても、合わないとか、抜けるあるいは、すぐにばれてしまう等言葉では言い表せない事があります。

 

これも自分の長い経験からこうするようになった訳ですから、皆さんも自分なりに挑戦してみてください。

 

 

f:id:turikichijob:20160814092656j:plain

 

 

 

 

カラフトマス釣りでサクラマス(くちグロ)

4本目、これは沖で魚の群れがいるよ!と教えられ、遠投・・・。

即ヒット・・・ではありましたが、バラシ~~~と思っていましたが~~~

すぐにウキが沈みヒットしたものです。

 

これは魚の習性として、逃げる餌を追いかける行動、そして捕食する。これが旨い具合に行った結果だったんでしょうね。

 

その時は、少し小さめのカラフトマスだと思っていましたが、後になってこの魚をあげたN君から『カラフトじゃないよ!サクラマスだ!写真を撮らないの?』と言われて撮ったものです。

 

確かに口は黒くカラフトマスとは違っています。

 

f:id:turikichijob:20160814092724j:plain

 

 

 

今日も釣り人がいっぱいですよ!(防波堤の一部分)

f:id:turikichijob:20160814092823j:plain

 

暑くなってきています、4時半~7時半の釣行終了。午後からどういたしましょうかね!!