オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

7・14(木)カラフトマス釣りに備えての下調べに行ってきました〜



【スポンサードリンク】




おはようございます、モンユウです。

 

朝4時半、紋別港内・・・第3・第2埠頭並びに第3防波堤、藻鼈川河口の偵察に行ってきました。

ぐるっと回って、釣り仲と話をしながらですが2時間の偵察です。

今日は日は出ていないものの過ごしやすい気温です。釣りにはちょうどいいでしょうね!

昨日は日中釣りに行ってきましたが、多少日が出ていただけで、日焼けしてしまいました。日焼け止めをしておけばと思って見ても既に遅し!!みなさんもご注意あれ…。

さて先に、紋別港第2埠頭からの情報を提供します。

 

 

紋別港第2埠頭

今日は、あまり釣れていないようです。朝4時半過ぎの撮影ですが、この様子でおわかりのことと思います。

大体地元の釣り人ですが釣りに集中していません、談笑状態、これは明らかに釣れてはいないと言う証でしょうね。

私も地元人として、このような時は写真を遠目で撮ってスルーする時が多いです。

しかし、昨日のようなこともあるので、実釣していなければ分からないこともありますよ、急に釣れ出すことだってあるわけです。

f:id:turikichijob:20160714094515j:plain

 

 

第3埠頭・第3防波堤 

第3埠頭には釣り人が数人いましたが地元の釣り師は0人。ですから、釣れていても知れたものでしょう。

第3防波堤には釣り人はいませんでした。波もなくイイ状態ですがまだ今年はカラフトマス釣りには早いですかね、紋別の店の鮮魚コーナーでカラフトマスが売りに出てきたかどうかで、またその値段で一応の判断がつきます。

釣りの用意もそれからで十分です。皆さんも鮮魚売り場のカラフトマスの数や値段を注意深く見ていれば『さ~て、釣りに行くぞ!!』の時期が決定されてくるはずです。

私は、釣れても釣れなくとももう少しで、第3防の上での偵察が始まります。

それとともに、ここ紋別で一番早いのが藻鼈川河口です。

最初は釣れませんが、数匹で回遊するようになりそれがだんだんと大きな群れとなり河口近辺に集まってきます。

それが第3防にまで回遊してくるわけです。

 

 

今日の藻鼈川河口

去年とは少し様子が違っていると思います。河口付近に随分と砂が堆積して浅くなっています、これでは釣る場所が狭められて釣りにくいと思います。

 

藻鼈川河口ですが、砂がテトラの近辺まであります、当然 かけ上がりはその先でしょうから釣る場所も遠くなってきます。

f:id:turikichijob:20160714100920j:plain

 

 

導流堤左側も砂で埋まっています。

f:id:turikichijob:20160714100945j:plain

 

 

この部分で川の水が導流堤の下に潜り込んで流れています、その川水が導流堤左の砂浜側に流れています。そこで、マスや鮭が左側の砂浜側にも集まってくるわけです。

流石に、この場所は狭いので、限られた人数でしか釣りはできません。

(私は殆どこの場所では釣りをしませんが、偵察には必ず来ています。)

f:id:turikichijob:20160714101003j:plain

 

 

砂で、埋まっているのが良く分かると思います。

この様子では、川と海との境界が変わって良く分かりません。

密猟の無いようくれぐれも注意してください。(境界は去年とは違うはずです。)

f:id:turikichijob:20160714101028j:plain

 

 

砂浜も随分と沖に出たようです、テトラまでもう少しなんですが,嬉しいことではありませんね!それだけ魚の寄りが悪くなると言う事かもしれません。

f:id:turikichijob:20160714101110j:plain

 

何は、ともあれカラフトマス釣りまでは半月足らずになってきました。

忙しくなってきますよ・・・。