オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

【ニシン釣り紋別港】急遽ニシン釣り参戦5・25



【スポンサードリンク】




こんにちわ、モンユウです。 

 

5・25(水)

朝5時半、紋別港偵察に。

先ず、第3埠頭から・・・釣り人が数人、た*狙いの釣り人のようでここはスルーすることにして次は、水深12Mのニシン釣り場に相変わらず6人前後の釣り人によるニシン釣り。

 

見える範囲では、ニシンが釣れてはいるようでした、この場に入る余地はなさそうなので、少し離れた所から写真を撮って、第2埠頭に回ってみると…な、なんとニシンが入れ食い状態です。

私が、そこに到着したのは5時40分ぐらいです、朝早くから釣れていたという事でした。

・・・・・

今日は、写真を撮って帰りましょうと、思っていましたが、このような状態を見たらもうじっとしていられません。

即参戦です、この第2埠頭でこんなに釣れるとは思いもしませんでした、もう少し早く到着したらと悔やまれますが仕方ありません。

過去に、このようなことがありましたが、まさか今日とは・・・

 

 

 

7時近くまで、釣っていました。仕事の時間を、多少忘れていたかも知れません!!

この写真は、途中で撮ったものです。

今日の仕掛けは、Wセット仕掛けではり数も2倍!

ですから、釣れる数も2倍2倍!!

たくさん釣れたと言っても、釣りあげる数とは、無関係です。

リーリング途中に、だんだんと重量感が増し『リールが巻けない!!』状態になることもしばしばあります。そんな時は、7~10匹のニシンがハリにかかっています。

これを、複数回続けるともう肩が唸っています。早く家に帰ってシップをしなくては!!

 

f:id:turikichijob:20160525122109j:plain

 

 

紋別地元の釣り師U氏

もう入れ物に入りきれず、周りに散らばっています。

朝5時には来ていたと言っていましたがもっと前から釣れていたようです。

毎日、この第2埠頭で釣れるのであれば申し分ないのですが,そう上手くいきません。

 

f:id:turikichijob:20160525122234j:plain

 

今日の第2埠頭では、チカ釣り師が最初一人いましたがニシン釣りに圧倒されて

退散してしまいました。

チカ釣れ具合は、全く分かりません。

f:id:turikichijob:20160525122301j:plain

 

 

 

貨物船と、ニシン釣り師

 

この短い突堤で5~6人が限度です。

なぜなら、ニシンが複数釣れた時は竿を横にしてニシンを岸に持ちあげなくてはなりません。竿を横にするためのスペースが欲しいという事です。特にこの突堤は狭いので、後ろに置くことができません。

ましてや、いつも[カラスの親分」が見張りをしていて、少しでも隙を見せるとさーっときてニシンを持って行ってしまいます。

 

f:id:turikichijob:20160525122336j:plain

f:id:turikichijob:20160525122408j:plain

 

この貨物船の寄港の関係なのでしょうか?

ニシンが第2埠頭で釣れたという事は、この事実しか考えられません。