オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

紋別港での釣り情報。チカ・ニシン・カレイ・コマイなどを偵察



【スポンサードリンク】




 こんにちわ、モンユウです。

 紋別港朝4時半偵察に行ってきました。

 

 

ニシン釣り朝4時半

朝4時過ぎに紋別港に偵察、今日は釣りをするには最高の状態。

朝4時半と言っても釣り人にとっては、普通の時間。

 

去年から石炭・材木置き場への立ち入り禁止で、ニシン釣りの最高の釣り場が狭められ港のごく狭い場所でのニシン釣り。

その場所には釣り人が多くても6人ぐらいしか入ることができません。

 

今日私は、偵察目的でしたので少し離れた所から・・・。

ここ紋別のニシン釣りは、6~10本のサビキはりセットの仕掛けを投げ釣り又はルアー竿でできるだけ遠投してリーリングしながら釣るというスタイルです。

 

したがって,混み合っているところでは危ないという事、また、ニシンが複数釣れた時どうしても竿を横にして釣りあげるので隣の釣り人とぶつかり合うことがあります。

 

ニシンの群れが多くなってくれるともっと違う場所でも可能ですが今のところ、この場所のみで釣果確認できました。

 

 さて、ニシンの釣れ具合と言うと まだ、数匹という事でした。

数日前に多少釣れたという事でしたがまだ本格的な状況では無いようです。

 

f:id:turikichijob:20160514141035j:plain

f:id:turikichijob:20160514141237j:plain

 

第2埠頭チカ釣り

第二埠頭でのチカ釣りは依然好調です。

はり数全部にチカがかかっている釣り人もいました。

 

やはり,ウキを使っている釣り人の方が釣れていました。

下の写真は、なんだと思いますか?

 

チカ釣りとは限ら無いと思いますが、サビキで釣れたチカの針はずし装置です。

Ⅴの所にハリスを架けてそれをそのまま引いてくるとチカが針から外れる仕組みになっています。

 

当然のこと手作業で外していたものが一度に外れるわけですから、手返しが早く数も釣れるという事になります。

この装置を使っていた釣り人が仲間2人で一番釣れていました。

『目から鱗』の装置です。

 

強いて言うと、針から外れたチカがそのまま地面に落ち、散乱し回収に多少手間取る問題点があるように思いますが、それは外れたチカをV字のパネルで受けそれをクーラーに落し入れるようにしたならもう最高だと思います。

 

f:id:turikichijob:20160514142129j:plain

f:id:turikichijob:20160514141946j:plain

f:id:turikichijob:20160514141323j:plain

 

 

紋別第3防波堤・流氷タワー

紋別第3防波堤で釣り人が2人いたのでちょっとお話を・・・。

外海はまだ渚滑川の濁りが入っていて濁りがあります。

 

川ガレイが数枚釣れたという事でした。真ガレイはまだですね。

 

流氷タワーの通路には釣り人はいませんでした。

今日は散歩には最高です。

今紋別は、さくら咲く!! 気持ちのいい・・・。

 では、ダメなんですよね、『早く、釣れるようにならなくては!!』

ここ2・3日の気温の上昇で海水温も上昇して魚も寄ってきたらイイですね!!

f:id:turikichijob:20160514144904j:plain

f:id:turikichijob:20160514144946j:plain